働き方の取り組み
Work Styles

ディスカバリーズは、全社員が
「リモートワーク」をしています。

リモートワークや在宅勤務を現時点でのベストソリューションとして、この働き方を選択しています。ディスカバリーズは「働き方のミライ」を考えて、働くに取り組む会社です。

勤務時間よりもジョブ型(成果と姿勢)を重視し、社員の声を大事にしながら、場所にとらわれない、働きやすい環境を目指しています

リモートワークカフェバウチャー

ワーキングマザー支援WORKS

なぜ、リモートワークをしているのか

01 / リスク管理を追求した結果

感染症や災害による不安がなく、社員が安心して働くことができる環境を整備しました。そこには社員とその家族の笑顔があります。

リスク管理の追求は、社員のみならず、取引先企業やパートナー企業で働く皆様の安全、安心にも繋がると確信しています。

02 / 生産性向上とDX推進の結果

今まで以上にコミュニケーション、コラボレーションが必要になりました。お客様にDXを進める会社だからこそ、自らのDXにも積極的に取り組み、業務効率、生産性の向上に成功しています。自社の取り組みをオンデマンドセミナーでも紹介しています。

03 / 最善の働き方を選んだ結果

環境変化に伴い、ディスカバリーズは思い切ってオフィスを無くす決断をしました。それは安易なことではなく、様々な葛藤を乗り越えた最善の答えでした。その道のりを代表の島田が書いたブログにてご紹介します。

どんな働き方ができるのか

通勤時間が無くなったので、自己学習や情報収集に利用可能な時間が増えています。

今まで他社への常駐業務がリモート対応となったことで、緊急対応がより可能になり、お客様にも安心してもらえていると感じます。

自分がリモートワークになったことで、自社製品が社内コミュニケーションやコラボレーションを促進するものだということが実感できました。

ある営業の1日

リモートワークでの取り組みや福利厚生

入社説明会

新卒社員の入社説明会をオンラインで行います。現在はキャリア採用もオンライン面接を実施しています。

社員総会

四半期に一度の社員総会をオンライン会議で開催しています。全体会議はもちろん、分科会や研修なども全てオンラインで参加します。

懇親会

新卒社員の入社説明会をオンラインで行います。現在はキャリア採用もオンライン面接を実施しています。

通信費支給
通勤手当に代わり、自宅Wi-Fiの通信にかかる手当を支給します。
カフェバウチャー制度
「時々息抜きにカフェで仕事がしたい」などにも対応。カフェでの飲み物代を支給します。現在は感染症対策を取りながら利用できます。

カフェバウチャー制度とは?

社外でも快適に仕事ができるように、カフェで仕事をした際のドリンク代を経費で精算できるカフェバウチャー制度があります。「次の訪問先に行くまで、少し時間あるけどオフィスまで戻るのは時間がもったいないな・・・」「ちょっと集中して提案を考えたい」など、「どこでも」「最善の」仕事がしたい・・・そんな社員のニーズに応える制度です。

ワーキングマザー支援とは?

ディスカバリーズは、ワーキングマザーの働く環境作りに積極的に取り組んでいます。男性・女性に関わらず、仕事と家庭のバランスが取れるよう、社員と話し合いながら制度を作っています。子育てをしながら、責任を持って仕事をする社員の事例をご紹介します。

WORKSとは?

「自分たちの働き方を自分たちで考える」ために作られたチーム『WORKS(ワークス)』があります。WORKS(ワークス)メンバーは、有志で集まり、「働く」について考えています。これまでに、行動指針の策定を行いました。また、リモートワーク座談会を開催し、社員の意見を集め、最善の働き方を社員と共に考えています。

ディスカバリーズは、
『テレワーク「東京ルール」実践企業宣言」に
登録しています。

ディスカバリーズの採用情報はこちら