Microsoft 365 × Discoveries InSite

テレワークを支える文書管理ソリューション

「紙の文書」や「非効率な情報共有」は、テレワークはもちろん社内DX推進の妨げになります。
Microsoft 365 を利用したセキュアな文書管理は、テレワークの生産性を高め、DXを促進します。

文書管理の課題

ファイルを探すのに時間がかかる。階層が深いなど整理されておらず、見つけられない
どのアプリを使って文書を共有・管理すべきか分からない
ファイルがたまるばかりで、文書管理サイトが活用できていない

文書管理のニーズやスコープは多岐にわたり、現状調査からルール策定、運用実施と一覧のプロセスが必要に。
ディスカバリーズは豊富な経験と事例に基づいた文書管理ソリューションで、
テレワークとDXの推進を支援します。

3つのポイント


Point 1
検索性を高める


Point 2
文書に合わせてアプリを使い分ける


Point 3
改善のサイクルを回す

Point 1
検索性を高める


生産性向上や営業力強化などの「攻め」の面からも、事業継続やコンプライアンス、リスク対策などの「守り」の面からも、「文書管理」においてまず重要になるのは、“すぐに探し出せること”になります。
Microsoft365 や SharePoint を活用することで、検索性が高くユーザーが利用しやすい文書管理を推進できます。

Point 2
文書に合わせてアプリを使い分ける

提案書などの作成中の文書は、メンバーとも共同作成しやすい Teamsを利用して、申請書などの公式文書は SharePoint で作成した社内文書管理サイトで共有。
ワークフローや作業の自動化は Power Platform で自動化するなど、Microsoft365 のどのアプリを、いつ、どう組み合わせて利用するのか、事前に検討しておくのがポイントになります。

Point 3
改善のサイクルを回す

文書管理の仕組みをそのままにすると、使われなくなってしまう危険性があります。
常に利便性の高い仕組みにするためにステップを踏んで、改善のPDCAサイクルを回すことが成功のポイントとなります。

ディスカバリーズの支援サービス


コンサルティング
お客様の現状を分析して、
Microsoft365 や 弊社サービスを活用した
文書管理ソリューションを提案します


PoC(技術検証)
お客様環境に実装して、
実際の運用を
体験いただきます


ワークショップ・レクチャー
お客様が Microsoft365 での
文書管理を実現できるよう
考え方や使い方などをお伝えいたします

関連情報

InSite 文書管理

高い検索性を持つ InSite 文書管理は、SharePointのサイトテンプレートです。情報検索のリテラシーに依存せずに、必要な情報やナレッジにアクセスして利活用できます。

ワークショップ・トレーニング

ディスカバリーズのDXの考え方、効率的な文書管理のポイントを理解し、SharePointやその他のツールの使い方を学習できます。

その他のDXソリューション

「優れたデジタル体験」は、新しい発想が生まれる組織へと変革を促し、デジタルトランスフォーメーションを成功へと導きます。

お問合せ

ディスカバリーズは文書管理の導入から運用まで支えるサービスをワンストップで提供します。