東急建設株式会社の、全社、部門、支店ポータルサイト導入プロジェクトに参画

2015年10月9日

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、東急建設株式会社(以下東急建設)のMicrosoft Office 365 導入プロジェクトに参画したことを発表します。本プロジェクトは、東急建設のオンプレミスの情報系システムを Office 365 に移行し、さらにポータルサイトを構築して情報の共有と社内ノウハウの活用による「現場力」の強化を目標に始動したもので、ディスカバリーズは主にポータルサイトの導入企画、要件定義、設計、実装を担当しました。

東急建設は全国に数多くの拠点が点在しており、ある現場に良いノウハウがあっても、それを別の現場に伝えて使うのが難しいという課題がありました。そのため早くからイントラネットが構築されて 既に全社ポータルも立ちあげられていましたが、そのポータルはHTML の知識を持った社員に更新がゆだねられたため内容がなかなか充実しませんでした。この課題を解決して「現場力」の強化を実現するために Microsoft Office 365 を導入し、SharePoint Online を活用して 全社、各部門、支店のポータル サイトを構築しました。ディスカバリーズはこのポータルサイトの導入と活用支援を担当し、「伝えたい情報が確実に伝わる」そして「必要な情報がすぐに入手できる」ポータルサイトを、2 か月弱という短期間で稼働させることに成功しました。

SharePoint Online の活用により、東急建設ではノウハウや情報の共有が進み コミュニケーションが活性化しています。 できるだけ早い時期に全部門のポータルを完成させて、その成果を他部門へも横展開させる予定です。そして今後は、オンプレミスで稼働している Exchange Server を Exchange Online へ切り替えるなど、Office 365 の統合環境をさらに進めることが計画されています。ディスカバリーズは引き続き情報活用を進めるための支援をさせていただいています。

事例紹介ページ
   http://www.discoveries.co.jp/case/tokyu-cnst
   http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/tokyu-cnst.aspx

ディスカバリーズ について

ビジネスに貢献する組織内情報共有を実現するため社内ポータルの導入から活用までを支援するサービスを展開。情報を効率的に共有する IT による仕組み作りに加えて、マーケティングによる仕組み作りも提供しています。ディスカバリーズが支援した企業の従業員数は2015年6月末現在で延べ 83万人におよびます。2011年には、マイクロソフト・パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。社内の人・情報・テクノロジーを活用することでイノベーションを喚起し、「働く」を「楽しく」する世界を作っていきます。ディスカバリーズに関する詳細な情報は、下記Webサイトを通じて入手できます。

Discoveries InSiteについて

ディスカバリーズは、SharePointのコンサルティングカンパニーとして豊富な実績とノウハウを生かした製品 InSite を販売しています。InSite は SharePoint のアドオン製品として、「ポータルソリューション」「文書管理ソリューション」「プロジェクト管理ソリューション」「シークラム~回覧板アプリ~」「ヘルプデスクソリューション」「ネクスタム~社員情報アプリ~」 「InSite for Business」「インテリレポート」と、多数のソリューションラインアップで企業の情報共有課題を解決します。

ディスカバリーズ株式会社 Webサイトhttp://www.discoveries.co.jp
InSite 製品 Webサイトhttp://www.discoveries.co.jp/products/insite

Discoveriesはディスカバリーズ株式会社の商標です。Microsoft 、Office 365 は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

マイクロソフトとマイクロソフトの認定パートナー4社のSharePoint プロフェッショナルによるセミナーを開催

2015年10月1日

ディスカバリーズ株式会社(以下ディスカバリーズ)と、マイクロソフト株式会社、ニンテックス・ジャパン株式会社、株式会社HDE、AvePoint Japan 株式会社は、Office 365 成功事例に学ぶ SharePoint 活用ノウハウを詳解する共同セミナーを開催しますのでお知らせいたします。

Office 365を既に導入している、または導入検討中のお客様向けに SharePoint Online 活用ノウハウを事例でご紹介します。本セミナーは、マイクロソフト株式会社と、マイクロソフトの認定パートナーであるディスカバリーズとニンテックス・ジャパン株式会社、株式会社HDE、AvePoint Japan 株式会社の5社による共同セミナーです。そのため「ポータル」「SharePoint 活用」「セキュリティー」「移行と管理」と、通常のセミナーにはない幅広い ソリューションでSharePoint Online の導入と活用のノウハウを徹底詳解します。

セミナータイトル

「マイクロソフトの認定パートナー4社のSharePoint プロフェッショナルが伝授 Office 365 成功事例に学ぶ SharePoint 活用ノウハウ」

日時 :2015年10月23日 14時~17時 (受付開始 13:30~)
場所 :マイクロソフト 品川本社ビル 31F セミナールーム B
定員 :60名 (定員になり次第の締切となりますので、お早めにお申し込みください。)
対象 :大規模企業(PC台数 1000台以上)のIT担当者様、ビジネス部門長様
参加費 :無料(事前登録制)
登録サイト :https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032672359&culture=ja-JP

アジェンダ

14:00~14:05 ご挨拶 (マイクロソフト株式会社)
14:05~14:40 Office 365 ベースの社内ポータル サイト構築のノウハウ (ディスカバリーズ株式会社)
14:40~15:15 「Nintex で実現する SharePoint 革命」
Nintex と SharePointの効果的な活用手法について(ニンテックス・ジャパン株式会社)
15:15~15:25 休憩
15:25~16:00 Office365 , Sharepoint を安全に利用できるソリューション –HDE One- (株式会社HDE)
16:00~16:35 クラウドへの移行を実現!~クラウドにおけるデータ保護・セキュリティ管理を強化~」
Office365へのデータ移行&Office365運用のノウハウのご紹介!(AvePoint Japan 株式社)
16:35~16:55 ご相談会

ディスカバリーズ について

ビジネスに貢献する組織内情報共有を実現するため社内ポータルの導入から活用までを支援するサービスを展開。情報を効率的に共有する IT による仕組み作りに加えて、マーケティングによる仕組み作りも提供しています。ディスカバリーズが支援した企業の従業員数は2015年6月末現在で延べ 83万人におよびます。2011年には、マイクロソフト・パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。社内の人・情報・テクノロジーを活用することでイノベーションを喚起し、「働く」を「楽しく」する世界を作っていきます。ディスカバリーズに関する詳細な情報は、下記Webサイトを通じて入手できます。

ディスカバリーズ株式会社 Webサイトhttp://www.discoveries.co.jp
InSite 製品 Webサイトhttp://www.discoveries.co.jp/products/insite

Discoveriesはディスカバリーズ株式会社の商標です。Microsoft 、Office 365 は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

マイクロソフト過去最大規模の新イベント「FEST 2015」でディスカバリーズ代表島田が登壇

2015年8月20日

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、日本マイクロソフト株式会社が開催する過去最大規模の新イベント「FEST 2015」にて代表島田が講演を行いますのでお知らせいたします。

当社代表の島田は、FEST 2015 のDay 2 (9月3日)のセッションでビジネスユーザー様を対象としたセッションに登壇します。クラウドサービスやコンサルティングサービスを提供する企業の経営者の視点から、Office 365 の活用によりクラウド上に蓄積する情報をどう活用すれば営業組織がより進化させることができるのか、事例を通してご紹介します。

イベント概要​​

イベント名​​ FEST 2015 (日本マイクロソフト株式会社主催)
セッションタイトル 「Office 365 をご利用の企業様に伝えたい! 営業組織がパワーアップするクラウドと情報の使い方」
セッションNo RBP-222
セッションURL http://www.b-forum.net/event/jp577_RBP-222/detail.html​
日時 2015年9月3日 14:40-15:25
場所 ザ・プリンス パークタワー東京 展示会場
参加費 無料(事前登録制)
イベント詳細 https://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/​​

ディスカバリーズ について
​​ビジネスに貢献する組織内情報共有を実現するため社内ポータルの導入から活用までを支援するサービスを展開。情報を効率的に共有する IT による仕組み作りに加えて、マーケティングによる仕組み作りも提供しています。ディスカバリーズが支援した企業の従業員数は2015年6月末現在で延べ 83万人におよびます。2011年には、マイクロソフト・パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。社内の人・情報・テクノロジーを活用することでイノベーションを喚起し、「働く」を「楽しく」する世界を作っていきます。ディスカバリーズに関する詳細な情報は、下記Webサイトを通じて入手できます。​

ディスカバリーズ株式会社 Webサイト http://www.discoveries.co.jp
InSite 製品 Webサイト http://www.discoveries.co.jp/products/insite

Discoveriesはディスカバリーズ株式会社の商標です。Microsoft 、Office 365 は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

東京工科大学が全職員で活用できるポータルサイトとしてInSite を導入

2015年7月30日

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、東京工科大学が、教職員が使うポータルサイトとしてMicrosoft Office 365 のアドオン製品である Discoveries InSite を導入したことを発表します。東京工科大学では教職員自身の手で操作ができるエンドユーザー・コンピューティング(EUC)を可能にするために InSite を導入して、全教職員が Office 365 を日々活用して情報共有できる環境を整えました。

東京工科大学の情報共有基盤には Microsoft Office 365が採用されており、職員が情報共有するためのポータルサイトとして Office 365 の中に含まれるSharePoint Onlineで構築することが計画されました。ポータルサイトでEUCを可能にするためには、誰にとっても分かりやすい、操作しやすいサイトにすることが重要です。しかし SharePointのシンプルな画面を、誰の目にも分かりやすいグラフィカルなサイトへとカスタマイズするには、ハイレベルなスキルが必要とされたのです。この課題を解決するために導入されたのが InSite でした。東京工科大学とディスカバリーズは対話を重ねながら、職員ポータルとしてもっとも適した形に InSite をカスタマイズして、「業務通達」や「キャンパスごとの予定表」などの機能や情報を分かりやすく配置したサイトを構築しました。InSite は短期間での構築が可能なため、2013年冬に最初のヒアリングがあってから翌年4月のサービスインに無理なく間に合わせることができました。導入後は、新たな機能を職員自身の手で追加して活用していくことが容易なため、将来に渡って安心して活用できると評価されています。

東京工科大学では、教職員のみならず学生たちがITコンサルタントとしてコア・バリューを提供できる人材に育つために、大学にいる間から実際のシステムに触れて、業務とシステムの関係を俯瞰できる環境づくりを目指しています。そのために今後さらにEUCの場を広げ、学生がシステムの改善に参加できる機会を作るなどの教育的活用が検討されています。

事例紹介ページ http://www.discoveries.co.jp/case/tut

​Discoveries InSite について

InSiteは 、ディスカバリーズのSharePointのコンサルティングカンパニーとしての豊富な実績とノウハウを生かして製品化された Office 365 や SharePoint のアドオン製品です。これまでに数々の製品をリリースしており、「ポータルソリューション」「文書管理ソリューション」「プロジェクト管理ソリューション」「シークラム~回覧板アプリ~」「ヘルプデスクソリューション」「ネクスタム~社員情報アプリ~」 「InSite for Business」「インテリレポート」と、多くのソリューションで企業の情報共有課題を解決して、より有意義な情報活用が進む企業へと導きます。

ディスカバリーズに関する詳細な情報は、下記Webサイトを通じて入手できます。

​ディスカバリーズ株式会社 Webサイトhttp://www.discoveries.co.jp

InSite 製品 Webサイトhttp://www.discoveries.co.jp/products/insite

Discoveries InSite はディスカバリーズ株式会社の商標です。Microsoft 、SharePoint は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。​

SoftBank World 2015 展示ブース内のOffice365関連セッションにて登壇します

2015年7月29日

2015年7月30日(木)- 31日(金)、ザ・プリンスパークタワー東京で開催されるソフトバンクワールド2015の ソフトバンク コマース&サービス株式会社様の展示ブース内にて、Office365に関連するソリューションのご紹介として、弊社が「モバイルクラウド時代の社内ポータル」と題したセッションを行います。

当セッションでは、中小企業が、すぐに活用できるOffice365の活用事例として弊社の社内ポータルの紹介を交えてご説明します。

概要​

イベント名​​ SoftBank World 2015
講演タイトル 「モバイルクラウド時代の社内ポータル」
日時 セッション:7月30日(木)16:15~16:30
7月31日(金)16:15~16:30
場所 ザ・プリンス パークタワー東京 展示会場
ソフトバンク コマース&サービス株式会社 展示ブース内
〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1
イベント詳細情報 ​詳細サイト​
※ イベントの最新情報、および参加方法はイベントサイトからご確認ください。
​​主催 ​ ソフトバンク株式会社

A Different Kind of Story

2015年7月24日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Mauris eget quam orci. Quisque porta varius dui, quis posuere nibh mollis quis. Mauris commodo rhoncus porttitor. Maecenas et euismod elit. Nulla facilisi. Vivamus lacus libero, ultrices non ullamcorper ac, tempus sit amet enim. Suspendisse at semper ipsum. Suspendisse sagittis diam a massa viverra sollicitudin.

Vivamus sagittis est eu diam fringilla nec tristique metus vestibulum. Donec magna purus, pellentesque vel lobortis ut, convallis id augue. Sed odio magna, pellentesque eget convallis ac, vehicula vel arcu. Sed eu scelerisque dui. Sed eu arcu at nibh hendrerit viverra. Vivamus lacus augue, sodales id cursus in, condimentum at risus.

Heading 2

Mauris eget quam orci. Quisque porta varius dui, quis posuere nibh mollis quis. Mauris commodo rhoncus porttitor. Maecenas et euismod elit. Nulla facilisi. Vivamus lacus libero, ultrices non ullamcorper ac, tempus sit amet enim. Suspendisse at semper ipsum. Suspendisse sagittis diam a massa viverra sollicitudin. Vivamus sagittis est eu diam fringilla nec tristique metus vestibulum. Donec magna purus, pellentesque vel lobortis ut, convallis id augue. Sed odio magna, pellentesque eget convallis ac, vehicula vel arcu. Sed eu scelerisque dui. Sed eu arcu at nibh hendrerit viverra. Vivamus lacus augue, sodales id cursus in, condimentum at risus.

  • Lorem ipsum dolor sit amet
  • Lorem ipsum dolor sit amet
  • Lorem ipsum dolor sit amet

Heading 3

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Mauris eget quam orci. Quisque porta varius dui, quis posuere nibh mollis quis. Mauris commodo rhoncus porttitor. Maecenas et euismod elit. Nulla facilisi. Vivamus lacus libero, ultrices non ullamcorper ac, tempus sit amet enim. Suspendisse at semper ipsum. Suspendisse sagittis diam a massa viverra sollicitudin. Vivamus sagittis est eu diam fringilla nec tristique metus vestibulum. Donec magna purus, pellentesque vel lobortis ut, convallis id augue. Sed odio magna, pellentesque eget convallis ac, vehicula vel arcu. Sed eu scelerisque dui. Sed eu arcu at nibh hendrerit viverra. Vivamus lacus augue, sodales id cursus in, condimentum at risus.

Donec magna purus, pellentesque vel lobortis ut, convallis id augue. Sed odio magna, pellentesque eget convallis ac, vehicula vel arcu.

Heading 4

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Mauris eget quam orci. Quisque porta varius dui, quis posuere nibh mollis quis. Mauris commodo rhoncus porttitor. Maecenas et euismod elit. Nulla facilisi. Vivamus lacus libero, ultrices non ullamcorper ac, tempus sit amet enim. Suspendisse at semper ipsum. Suspendisse sagittis diam a massa viverra sollicitudin. Vivamus sagittis est eu diam fringilla nec tristique metus vestibulum. Donec magna purus, pellentesque vel lobortis ut, convallis id augue. Sed odio magna, pellentesque eget convallis ac, vehicula vel arcu. Sed eu scelerisque dui. Sed eu arcu at nibh hendrerit viverra. Vivamus lacus augue, sodales id cursus in, condimentum at risus.

Vivamus Lacus Augue Sodales

2015年7月3日

Mauris eget quam orci. Quisque porta varius dui, quis posuere nibh mollis quis. Mauris commodo rhoncus porttitor. Maecenas et euismod elit. Nulla facilisi. Vivamus lacus libero, ultrices non ullamcorper ac, tempus sit amet enim. Suspendisse at semper ipsum. Suspendisse sagittis diam a massa viverra sollicitudin. Vivamus sagittis est eu diam fringilla nec tristique metus vestibulum. Donec magna purus, pellentesque vel lobortis ut, convallis id augue. Sed odio magna, pellentesque eget convallis ac, vehicula vel arcu. Sed eu scelerisque dui. Sed eu arcu at nibh hendrerit viverra. Vivamus lacus augue, sodales id cursus in, condimentum at risus. (さらに…)

SharePoint 活用のためのログ分析・レポートサービス 「インテリレポート®」の販売を開始

2015年3月3日

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、 SharePoint の継続的な活用を促進するための SharePointログ分析・レポートサービス 「インテリレポート®」の販売を 2015 年 3 月 3 日(火)より開始します。

インテリレポートは、組織で共有される情報へのアクセスログを分析・レポートするクラウドサービスです。情報の閲覧数や、社員の利用方法を見える化することで、組織における情報共有の成熟レベルを向上させます。先ずはOffice 365ベースの情報共有サイト SharePoint に対応し、SharePoint で共有されている情報のアクセスログを分析して分かりやすいグラフを使ってレポートします。インテリレポートには SharePoint のコンサルティングカンパニーであるディスカバリーズの分析ノウハウが生かされており、SharePoint サイトにアクセスする頻度や時間帯、ユーザー単位での利用傾向を把握することができます。インテリレポートによる分析は、SharePoint の活用度を上げるための改善のきっかけとなり 導入効果の向上につながります。

SharePoint を導入していても、実際の使われ方や改善要素が明確になっていないと、その導入効果を最大化することはできません。SharePoint サイトに掲載された情報がどの社員に読まれているのかは SharePoint の標準機能では分析することが出来ません。インテリレポートを使えば、どの情報にどの社員がアクセスしているのか、社内で PC からアクセスしているのか、外出中に携帯でアクセスしているのか等、SharePoint の利用傾向がユーザー単位でクリアに見えるようになります。そのため、アクセス数向上の仕掛けや重要コンテンツへ誘導する仕組みなど、改善に向けた取り組みも明らかとなり、PDCA、つまり「 Plan 計画」「 Do 実行」「 Check 分析」「 Act 改善」の4つの プロセスを回して SharePoint の活用度を継続的に向上できるようになります。
さらに、専門のマーケティングコンサルタントによる分析サービス(※1)を併用することにより、定型レポートの枠をこえた多面的な分析や調査で SharePoint の活用度をさらに飛躍的に高めることも可能です。

■日本マイクロソフト株式会社 様からのエンドースメント
日本マイクロソフトはディスカバリーズ株式会社様による Office 365 と連携した新しいソリューションの提供開始を心より歓迎致します。本ソリューションを通じて SharePoint Online のポータルが継続的に改善され、一層社内外での利用が広がり、Office 365をご利用のお客様の満足度向上につながるものと期待しています。
業務執行役員 Office ビジネス本部 本部長 キャロライン・ゴールズ

■対象サービス
Office365版 SharePoint Online

■システム要件
Windows 7 以上、Mac OS X 以上 iOS 7 以上

■ブラウザ
Internet Explorer 10 以上 Safari, Chrome

■価格 (※2)
・スタンダード
月額 100,000 円
SharePoint ユーザー:1000名未満

・プロフェッショナル
月額 150,000 円
SharePoint ユーザー: 5,000 名未満

・エンタープライズ
別途お問い合わせ
SharePoint ユーザー: 5,000名以上

※1 専門のマーケティングコンサルタントによる分析サービスは、「エンタープライズ」に含まれるサービスです。

※2 サービスのお申込み日から30日間は 無料で試用いただくことができます。

■製品サイト
http://www.discoveries.co.jp/products/insite/ir

Discoveries InSite とインテリレポートの組み合わせで SharePoint の活用レベルを飛躍的に向上

ディスカバリーズは SharePoint のコンサルティングカンパニーとして豊富な実績を持ち、情報活用を進めるためのノウハウを製品開発に生かしています。既に多くの企業で導入が進んでいる Discoveries InSite は、Office 365 や SharePoint のアドオン製品として数々のラインアップをリリースしています。これまでに「ポータルソリューション」「文書管理ソリューション」「プロジェクト管理ソリューション」「シークラム~回覧板アプリ~」「ヘルプデスクソリューション」「ネクスタム~社員情報アプリ~」クラウドグループウェア 「InSite for Business」と、多数の製品ラインアップで情報共有課題を解決してきました。
今回、全ての Discoveries InSite の全製品を含む SharePoint サイトの分析を可能にする インテリレポート が追加されたことで、Discoveries InSite の各製品の利用価値も大きく向上します。Discoveries InSite 導入後は インテリレポートで分析を組み合わせることで PDCA サイクルが回り、継続的な活用度向上へとつながっていきます。

「SharePoint のソリューション製品」と、「分析・レポート製品」の両方を持ち合わせているのは、ディスカバリーズが日本で唯一の企業であり、Discoveries InSite と インテリレポートの両製品による相乗効果で、企業により大きな価値を提供します。ディスカバリーズは、今後もさまざまな課題を解決するソリューションを、製品ランナップに追加していく予定です。

Discoveries InSite はディスカバリーズ株式会社の商標です。Microsoft 、SharePoint、Office ​365 は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

西麻布デザイン&ラボ・オフィス開設のご案内

2015年1月5日

ディスカバリーズ株式会社は事業拡大に伴い、新たに「デザイン&ラボ・オフィス」を西麻布に開設し、平成27年1月5日から業務を開始する運びとなりましたので、お知らせいたします。これを機会に皆様のご期待にお応えできますようサービスの向上に励む所存でございます。

なお、本社オフィスに変更はございません。
今後ともお引き立て賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

【西麻布オフィス】
住所:〒 106-0031 東京都港区西麻布 4-3-11 泉西麻布ビル 5 階

【アクセス】
東京メトロ日比谷線「広尾駅」から徒歩 8 分
都営大江戸線、東京メトロ日比谷線、「六本木駅」から徒歩 10 分

【地図】
[wc_googlemap title=”St. Paul’s Chapel” location=”東京都港区西麻布 4-3-11″ zoom=”100″ height=”350″ title_on_load=”no” class=””]

Microsoft Office 365 Business アドオン製品 「InSite for Business ~クラウドグループウェア~」 の販売を開始

2014年12月24日

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、 Microsoft Office 365 Business のアドオン製品として、クラウドグループウェア「InSite for Business」の販売を2014年12月24日(水)より開始します。

Discoveries InSite は、使いやすいデザインと情報が探しやすい設計を特長とした SharePoint や Office 365 ベースの情報共有サイトです。ディスカバリーズの豊富なコンサルティング経験と活用ノウハウが生かされた InSite をアドオンすることで、Office 365 や SharePoint の活用が継続的に進むため、企業はその導入効果を実感することができます。

クラウドグループウェアである 「InSite for Business」は、Microsoft Office 365 Business のアドオン製品として最適に設計されています。従業員数 300 名以下の規模での社内情報共有に役立つ機能を搭載しており、「連絡事項」「伝言メモ」「全社予定」に加えて、「ドキュメント」「掲示板」「アンケート」などの機能で日々の業務を効率化し、ドキュメントやアイデアなどのナレッジの蓄積と利活用を進めます。

また、全ての機能は「使いやすさ」を追求しているため、初めて Office 365 を使う社員でもすぐに活用しはじめることができるため、導入してすぐに Office 365 をグループウェアとして使いこなすことができます。「InSite for Business」は Office 365 の標準機能でシンプルに設計されているため、簡単な操作でコンテンツの更新や追加が行えます。機能を拡張したい場合も、Office 365 ベースのソリューションなら柔軟に対応することができます。

bz_solution

■対象製品
Microsoft Office 365 / Microsoft SharePoint Online(2013)
対象プラン: Business Essentials, Business, Business Premium

■価格
ライセンス:テナントあたり 12 万円
設置代行: 1 万円
補足情報:
利用人数は 300 名以下限定です
300 名以下であれば、利用人数に関係なく料金は一律です
利用人数が 300 名を超える場合は「InSite ポータルソリューション」をご検討ください
>> InSite ポータルソリューションについての詳細はコチラ
クラウド版のみの提供となります

製品サイト
http://www.discoveries.co.jp/products/insite/bz

Discoveries InSite による Office 365 や SharePoint ​の継続的な活用促進
Discoveries InSite は Office 365 や SharePoint のアドオン製品として、これまでに「ポータルソリューション」「文書管理ソリューション」「プロジェクト管理ソリューション」「シークラム~回覧板アプリ~」「ヘルプデスクソリューション」「ネクスタム~社員情報アプリ~」がリリースされています。今回、Microsoft Office 365 に特化したアドオン製品 InSite for Business が新たに追加されたことで、Discoveries InSite は大規模企業から中小規模企業までの幅広い業務に対応する製品へと進化しました。

Discoveries InSite の各製品は、アドオン製品としてインストールできるため、IT 部門は短い期間と少ない負担で導入し、活用を進めることができます。また、Office 365 や SharePoint の活用度が上がるにつれて発生する新たな要望に応じて、Discoveries InSite のソリューション群から適切な製品を選択、都度追加していくことができるため、Office 365 や SharePoint の継続的な活用を促進します。

ディスカバリーズは、今後もさまざまな課題を解決する Discoveries InSite のソリューションを、製品ランナップに追加していく予定です。

Discoveries InSite はディスカバリーズ株式会社の商標です。Microsoft 、SharePoint、Office ​365 は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。