Office 365 ベースの社内ポータルを簡単に導入できる「InSite」にスイートプランが登場、スマホ対応した新しい文書管理も提供開始

2019年2月13日News

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、Office 365ベースの社内情報共有機能SharePoint上で簡単に社内ポータルを構築できるクラウド機能「Discoveries InSite(以下InSite)」において、ポータルやデジタル社内報、文書管理、社員情報検索、ヘルプデスクといった様々な機能をパッケージでお得にご提供する「InSiteスイートプラン」の提供を開始します。また本プランに含まれる「InSite文書管理」はOffice 365 モダンUI対応版にバージョンアップしており、モバイル端末でも快適にアクセス可能です。専門知識がなくても優れた文書管理サイトが作成できるため、最適なファイル管理や、組織のナレッジの利活用が進み、情報資産の価値を高めます。

ポータル作成に欲しいツールがオールインワン お得なInSiteスイートプラン
InSite は、社内情報を一元管理して、必要な情報を効果的に従業員に届けるOffice 365 ベースの社内ポータルサイトです。今回提供を開始する「InSiteスイートプラン」には、これまでInSite製品として個別にラインアップしてきたポータルや文書管理、ヘルプデスクといった機能や、タイムライン(デジタル社内報)、ピープル(社員情報検索)が含まれており(*)、単体で導入するよりも基本料金が35%お得になります。
* InSiteポータル では、ディスカバリーズの製品「engauge.works」の機能である「タイムライン」と「ピープル」の一部機能を「engauge.works essentials」として提供します。

《InSiteスイートプラン利用料金》
月額の基本料金48,360円に、従量年額料金1,800円×ユーザー数を合わせた金額が利用料金となります。「InSiteスイートプラン」には、ポータルや文書管理、ヘルプデスクといった機能や、タイムライン(デジタル社内報)、ピープル(社員情報検索)が含まれており(*)、単体で導入するよりも基本料金が35%お得になります。

 

情報資産の価値を高めるInSite文書管理がリニューアル、モダンUIに対応
InSiteスイートプランに含まれる「InSite文書管理」がバージョンアップアップしました。
従業員が共有すべき重要な社内公式文書を探しやすくファイリングしたり、組織内のナレッジを利活用しやすい形で蓄積したりするためには、文書管理サイトが重要になります。チャットなどコミュニケーションを活性化するフロー情報ツールが活用される一方で、ストック情報の活用を促進する優れた文書管理サイトは、情報資産の価値と組織の生産性を高めます。
InSite文書管理は、SharePoint や文書管理の専門知識がなくても、誰もが容易に情報を見つけ利活用できる文書管理サイトを構築できるクラウドサービスです。モダンUIに対応しているため、スマホでも見やすく情報検索しやすいサイトが作れます。

《InSite文書管理の特長》

●誰でも簡単アクセス、高い検索性で情報資産の価値が高まる
情報検索スキルには個人差があります。高い検索機能を持ったInSite文書管理には、検索の仕方をヒント表示させるなど、使い始めたばかりのユーザーでも利用しやすい仕掛けがあります。ユーザーの検索リテラシーに依存せず、必要なコンテンツに容易にアクセスでき、ナレッジの利活用が進むため、情報資産の価値が高まります。

●ノウハウの詰まったサイトが、すぐ使い始められる
文書管理を成功させるには、知見や経験値が必要です。InSite文書管理はディスカバリーズが蓄積したノウハウを製品化しているため、必要かつ効果的な機能が予め設定されています。文書管理の専門知識がなくてもすぐにサイトが作成でき、サイト設定の変更は管理画面から簡単に行えます。

●日本企業ならではの整理や分類にマッチ。シンプルにも高度にも対応
ライブラリは複数作成でき、ライブラリ内を階層管理して目的の情報を探しやすくナビゲートします。これまでファイルサーバーで階層化されたフォルダによる文書管理を行ってきた組織でも違和感なく移行可能で、SharePointの様々な便利機能を活用することができます。InSiteは日本企業のニーズに対応し、モダンUIに対応した階層Webパーツ(*)も利用可能です。
* Sharepoint標準では階層管理機能が提供されません。

 

《InSite文書管理の機能》

  1. ライブラリ管理
    旧システムからの移行や、管理・運用がしやすいよう複数のライブラリが設定できます。
  2. 階層管理
    ライブラリやタグを階層化して表示し、目的の情報に辿りやすくします。
  3. アクセス権限の設定
    アップロードができるユーザーをグループ化し、間違って追加・削除・更新されるのを防ぎます。
  4. モバイル対応
    モダンUI対応の社内サイトなので、スマホなどのモバイル端末でも快適にアクセスできます。
  5. 最新ファイル一覧
    直近にアップロードされたファイル一覧が確認できるため、新しい情報を見逃しません
  6. タグ付け
    ファイル公開時に、所属や分類などの情報をタグ付けることで、誰がアップロードしても探しやすい状態を保ちます。

 

《InSite文書管理の利用料金》
月額の基本料金24,800円に、従量年額料金600円×ユーザー数を合わせた金額が利用料金となります。

プランや製品の詳細、無料トライアルやご購入に関するご相談は、製品ページよりお問い合わせください。
InSite製品ページ  http://insite.discoveries.co.jp/

 

山田コンサルティンググループ株式会社、事業拡大やグローバル化に対応する社内ポータルにInSiteを採用

2019年2月12日News

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、山田コンサルティンググループ株式会社(以下、山田コンサルティンググループ)に対して「InSite」を提供し、SharePointOnlineベースで社内ポータルを新たに構築するプロジェクトにおける導入・運用の負荷低減とコスト削減を支援しました。2018年10月に正式に社内での活用が開始した事例を発表します。

 

山田コンサルティンググループは、事業の本格的なグローバル化など急成長を続け、直近の2年間で人員が2倍になるなど組織も拡大しています。このような中、従来は電話やメール、グループウェアなどで行ってきた社内情報共有環境を刷新、Microsoft Office 365に統一し、SharePoint Onlineベースのポータルサイトを構築することになりました。

山田コンサルティンググループでは、SharePointで思い通りのサイトを構築するには、専門知識がなければ困難であると判断し、ディスカバリーズの提供する「InSite」を採用することにしました。「外部の業者にすべての作業をお願いすると、高額な費用が発生します。その点、InSiteであれば大幅に費用を抑えることができますし、私たちの『時間』も有効に使いながら内製作業を進めることができます」と管理本部 総務・人事部 中島正太氏は話します。実際に構築作業の大半を、同部に所属する泉沙由里氏が一人で、主業務との兼務で行ったと言います。フレームの構築に2か月、旧システムからの移行に1か月というスピード導入でした。

InSite製品で利用しているのは「ポータル」「ヘルプデスク」「文書管理」の3製品で、モダンUIにも対応しており、スマホからもアクセスできるため、コンサルタント業務で社外にいることの多いスタッフのポータル利用率も高くなりました。今後はヘルプデスク機能の活用による業務効率向上や、文書管理サイトを活用したナレッジデータベースの構築、社員同士の情報発信による組織の活性化などを企画しており、ポータルが整備されることで、働き方を変える可能性に期待を寄せています。

山田コンサルティンググループの社内ポータルサイト

事例紹介ページ http://discoveries.co.jp/case/yamada/

従業員エンゲージメント大幅アップに導いたプロジェクトのレポートを公開

2019年1月24日News

ディスカバリーズでは従業員エンゲージメントスコアを改善するための取り組みが継続的に実施しております。昨年末の新オフィスへ移転プロジェクトをきっかけに、従業員エンゲージメントスコアが飛躍的に改善するに至った経緯や、取り組みの内容をディスカバリーズブログ前編・後編のシリーズでお伝えします。

詳細はこちら:http://blogs.discoveries.co.jp/?p=997

年末年始営業日のお知らせ

2018年12月19日News

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
当社の年末年始の営業に関しまして、下記の通りお知らせいたします。

年末年始休業日
2018年12月29日(土)~ 2019年1月3日(木)
年始は2019年1月4日(金)より始業いたします。

休業期間中はご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

Office 365 サイト作成ツールInSiteに「オリジナルテンプレート登録機能」を追加

2018年12月11日News

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、Office 365ベースの社内情報共有基盤SharePoint上で簡単に社内ポータルを構築できるクラウド機能「Discoveries InSite(以下InSite)」に、新しく「オリジナルテンプレート登録機能」を追加し提供を開始します。これにより自社ブランドやガイドラインを遵守したテンプレートを効率よく社内展開できるため、管理者の負担を大幅に削減します。また部門サイトや関連会社サイトなどに展開してサイトオーナーへ権限委譲していくことで、現場で埋もれがちだったナレッジの顕在化と情報活用が進み、組織全体のシナジー効果が期待できます。

 

Office 365 の導入効果を最大限に引き出すInSite
InSite は、社内情報を一元管理して、必要な情報を社員に届けるOffice 365 ベースの社内ポータルサイトです。Office 365 を導入して社内の情報共有・蓄積が進んだものの、

・社内ポータルにどんなコンテンツを掲載したら良いか分からない
・社員がアクセスしたいと思えるポータルにしたい
・情報やシステムが多様化して必要な情報にたどり着けない

といった課題を抱える企業は少なくありません。
InSite には、ディスカバリーズがこれまで培ってきた社内情報共有ノウハウや、そこから導かれたベストプラクティスが凝縮されています。InSite を導入するだけで、各企業の情報共有ニーズに合った最適なポータルを短期間・低コストで構築することができ、Office 365 の導入効果を最大限に引き出します。

 

新機能「オリジナルテンプレート登録機能」で複数部門への展開が容易に
SharePointのモダンUIを使う場合は、規定ではサイトテンプレートとして保存する機能が利用できないため、せっかく自社向けに作成した社内サイトを複製できないという課題がありました。
新機能の「オリジナルテンプレート登録機能」では、自社専用にデザインしたサイトを「オリジナルテンプレート」としてInSiteに登録できるようになるため、以下のようなメリットが得られます。

・社内サイトの管理者は、自社テンプレートを配布することで複数部門に展開される社内サイトの「運用ルール」や「ガイドライン」などを統制することができます。
・自社テンプレートにより、社内サイト全てを自社のブランドアイデンティティで統一できるため、情報の視認性検索性があがることは勿論、従業員エンゲージメントを高める効果が期待できます。
・専門知識がなくてもサイト制作が簡単にできるInSiteがベースであるため、各サイト作成担当者が自身で作成・メンテナンスできます。

 


オリジナルテンプレート利用の流れ
InSite 全体管理者は、InSiteのテンプレートをベースにして社内サイトを作成します。画像や情報の配置を変更するなどのカスタマイズを行い、自社向けにデザインされたサイトを作成したら、PowerShellを使用してパッケージファイルとして出力します。出力したファイルをInSiteの管理画面上からオリジナルテンプレートとして登録することができます。
部門サイトの作成者は、サイト作成時のテンプレート選択画面からオリジナルテンプレートを選択します。部門向けに最適な配置、画像の変更などのカスタマイズを行い、部門で利用する社内サイトを作成します。

InSite 管理画面

 

InSiteご利用料金
月額の基本料金24,800円に、従量年額料金600円×ユーザー数を合わせた金額が利用料金となります。プランの詳細や無料トライアル、ご購入に関するご相談は、製品ページよりお問い合わせください。

InSite製品ページ http://insite.discoveries.co.jp/

 

ディスカバリーズについて
ディスカバリーズは、イノベーションをもたらす「働く場」を実現するため、職場でのコミュニケーションの活性化からチームのエンゲージメントを⾼めるサービスを提供しています。個⼈の⽣産性を⾼めるだけではなく、異なる所属部⾨でも⼀緒に働くチームの中でコミュニケーションを図り、相互に貢献しあう(=エンゲージメント)働き⽅の実現を⽀援しています。 2011年には、マイクロソフト・パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ディスカバリーズが⽀援した導⼊企業の総社員数は 2017年時点で100万⼈以上におよび、顧客満⾜度 93%の実績があります。社内の人・情報・テクノロジーを活用することでイノベーションを喚起し、「働く」を「楽しく」する世界を作っていくことをビジョンとして掲げています。ディスカバリーズに関する詳細な情報は、下記Webサイトを通じて入手できます。

ディスカバリーズ株式会社 Webサイト  http://discoveries.co.jp

 

日報ボットで現場の声をビジネスに生かす

2018年12月10日News

ディスカバリーズ株式会社は、「日報ボットソリューション」紹介ページを公開しました。
日報にはビジネスの成長を左右する現場の声が詰まっています。この日報を有効活用には、ポイントを引き出す情報収集と、蓄積した情報の可視化の仕組みが必要不可欠となります。ディスカバリーズの日報ボットは、チャット感覚のためストレスゼロで続けることができ、可視化と分析ノウハウで御社の課題と次のアクションを導き出します。

●日報の提出を定着させるためにも、部下には手間や時間をかけさせたくない
●日報を有効活用するためにも、ポイントを絞った情報収集がしたい
●蓄積した情報を可視化して、取るべきアクションを明確にしたい

こんな課題やニーズにお応えします。

ただの業務報告としてしか日報を活用しないというのは、会社や組織にとっては宝の持ち腐れとなってしまいます。ディスカバリーズの「日報ボット」を使って日報の有効活用を始めてみませんか。

詳細はこちら:http://discoveries.co.jp/solutions/report/

 

オムロン株式会社、Office 365 ベースの営業ポータル本格運用開始。コンセプトは「ワクワク・サクサク」

2018年12月4日News

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、オムロン株式会社(以下、オムロン)の営業ポータルに対して、迅速な要件定義と適切なコンセプト提案を行い、同社のグローバル基準に合致しつつ、営業部門が抱える課題解決に資するサイトの構築を行いました。2018年11月より本格運用が開始した事例を発表します。

 

オムロンでは「コミュニケーション&コラボレーションプロジェクト」として、世界に広がるグループ内の情報共有環境を推進しており、その一環としてOffice365を全社導入しました。この機に国内の営業本部では、データが散在しナレッジが十分に活用されていない状況を改善するために、新しいポータルの構築に取り組みました。パートナーとして選定されたディスカバリーズは、わずか1カ月強で要件定義を実施。生産性向上や業績向上だけでなく「人間味のあるつながりとエンゲージメントの向上」という営業本部の要望に対して、「ワクワク」「サクサク」をポータルのコンセプトとして提案しました。エンゲージメントを高めるという「ワクワク」に加えて、要望を織り込みすぎてサイトが長大になり過ぎることを避ける「サクサク」という制約も含めたものです。またすでに策定されていたグループ全体の情報統制基準に準拠するよう、IT部門と営業本部との橋渡し役も担いました。営業本部マーケティングセンタ長立石郁雄氏は「全体の視点と営業本部の個の視点をうまく統合し、ビジョンと必要な情報とを全体で連鎖させ、有機的に結合した形でつなげるハブとしてのポータルサイトができました」と話します。

営業ポータルが真価を発揮するのは、今後の活用次第です。ディスカバリーズは今後も、ポータルの定着・活用促進の支援を継続して行っていきます。

事例紹介ページ http://discoveries.co.jp/case/omron/

 

ディスカバリーズについて

ディスカバリーズは、イノベーションをもたらす「働く場」を実現するため、職場でのコミュニケーションの活性化からチームのエンゲージメントを高めるサービスを提供しています。個人の生産性を高めるだけで
はなく、異なる所属部門でも一緒に働くチームの中でコミュニケーションを図り、相互に貢献しあう(=エンゲージメント)働き方の実現を支援しています。2011年には、マイクロソフト・パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ディスカバリーズが支援した導入企業の総社員数は2017年時点で100万人以上におよび、顧客満足度93%の実績があります。社内の人・情報・テクノロジーを活用することでイノベーションを喚起し、「働く」を「楽しく」する世界を作っていくことをビジョンとして掲げています。ディスカバリーズに関する詳細な情報は、下記Webサイトを通じて入手できます。

ディスカバリーズ株式会社Webサイト http://discoveries.co.jp/

 

[ウェビナー12/20より開催]「働き方改革関連法」施行間近!Office365 の利用状況から長時間労働の可視化と改善

2018年12月3日News

2019年4月から順次施行される働き方改革推進のための関連法によって、企業には労働時間を把握することが義務付けられます。
各組織のIT管理者の皆様が、法律の施行に向けて今から準備すべき可視化のアプローチはどのようなものなのか、
さらにその先にある働き方改革の成功のために、Office 365 利用のビックデータを有効活用していく方法をデモンストレーション中心にご紹介します。

●改革法の施行に対応するため、システム面でどのような対応が必要になるか知りたい
●可視化のために現場に負担はかけたくない。自動化したい
●組織全体では勿論、従業員、チーム単位でも労働時間を計測したい
●長時間労働している部署を特定して改善策をたてたい

こんな課題をお持ちの方に最適なウェビナーです。
皆様のご参加をお待ちしております。

■申し込みはコチラから
■ 参加費: 無料

[ウェビナー11/30より開催]人材の見える化が、コミュニケーションを強化する!成長を支える人材活用の方法とは?

2018年11月12日News

ある日クライアント先で、Office 365 のアクセス制御について相談を受けたとします。しかし自分にはそこまでの知識がない…。社内の誰かに相談にしようにも適任を見つけるのは至難の業…。そんな時に社員のスキルセットが検索できる『ピープル』が役立ちます。
スキルや専門知識・経験や得意分野をキーにして、これまで繋がりのなかった他部門や他拠点のメンバーともコミュニケーションが進んでいきます。また、企業が人材の能力を把握できるためタレントマネジメントもサポートし、社員のモチベーション向上にも繋がっていきます。

●顔写真で分かる社員検索ツールを探している。
●社員それぞれの得意分野やスキルセットの情報共有でコミュニケーションを促進したい。
●リーダーの素質がある人材に、リーダー育成プログラムを案内したい

■申し込みはこちらから
■参加費: 無料

 

[ウェビナー11/16より開催]組織に一体感を出す!タイムリーな社内ニュース配信で、社員間の情報格差を解消

2018年10月29日News

当然知っていると思って同僚に仕事の相談をしたら、実は前提の情報が全然理解されていなかった…という事ってありませんか?
働き方改革が叫ばれ、リモートワークなどの多様な働き方が取り入れられる一方で、顔を合わせる機会が減った従業員の間での「情報格差」が新たな課題となりつつあります。
本ウェビナーでは、ディスカバリーズの新しい製品であるengauge.worksで提供している『タイムライン』をデモンストレーションで詳しくご紹介します。
情報格差の問題を解消して、従業員の働く意欲を高める仕組みと仕掛けは「組織の一体感」を醸成して、「従業員エンゲージメント」の向上につながります。

● 社内ニュースを全ての従業員に届けて、情報共有を進めたい
● 社員を任意のグルーグで分けて、ニュースを配信したい。例えば、
→2018年度の新入社員だけにオリエンテーションの案内を配信
→重要なニュースを未読の従業員にのみ、リマインドメールを配信
● 社内ニュースに反応する社員と、そうでない社員を把握して、アクションを取りたい。

■申し込みはこちらから
■参加費: 無料