広がるテレワークと顕在化した課題


「出勤しないと仕事ができない」「メンバーに意図が伝わらない」「仕事が進捗しているか心配」

アフターコロナの時代、事業継続や多様性の観点から多くの企業がテレワーク継続の意向を示していますが、
「生産性が下がる」「企業が従業員を管理しにくい」といった課題が顕在化しています。
テレワーク下でもコミュニケーション・コラボレーションが促進できるかどうかが、生産性を高めるカギとなります。

3つのアプローチ


01 ペーパーレス
社内情報のデジタル化と
一元化で、
オフィスワークもテレワークでも


02 エンゲージメント
チームの生産性と
エンゲージメントを下げる
「知らなかった」をなくす


03 リモートマネジメント
リモートでも、
3大資源を有効に
活用して成果を出す

01 ペーパーレス

社内情報を一元化!オフィスワークでもテレワークでも

アナログ情報はその業務を終えるまでに時間がかかり過ぎ、コミュニケーション・コラボレーションをも妨げます。オフィスワーカーとテレワーカーが場所を問わずデジタル環境から情報を探し、活用できる環境は必須です。
デジタライゼーションによって業務時間が短縮でき、生産性が高まります。

02 エンゲージメント

チームの生産性を下げる「知らなかった」をなくす

テレワークでは情報格差が発生し、 「知らなかった」が、コミュニケーション・コラボレーションにブレーキをかけます。
会社で何が起こっていかを素早くキャッチアップしてコラボレーションできる環境は、チームの生産性向上に必要不可欠です。

03 リモートマネジメント

3大資源を有効に活用して成果を出す
マネージャーに目が届かないテレワークでも、情報・ヒト・時間の3大資源を有効活用できれば成果が出せます。
マネージャーはレポートから不足したリソースを見つけ、情報提供や連携のサポート、業務プロセスの見直しなどの対策を取ることで、生産性を高めることができます。

テレワーク向けソリューション

Discoveries InSite

必要な情報が探せる「社内ポータル」、文書を一元管理する「文書管理」、ストック情報を引き出す「チャットボット」が、SharePoint や社内ポサイト構築スキル無しに簡単に作成できます。

エンゲージ・ドットワークス

経営・管理部門だけでなく営業やサポート・マーケティング部門でも、簡単にコンテンツを投稿して発信できます。会社の状況に常にキャチアップでき、テレワークでも生産性を落としません。

インテリレポート

社内リソースとなる「情報・ヒト・時間」の活用状況を自動的に解析。生産性を下げている要因が発見できます。長時間労働やパフォーマンスの改善に向けて、必要な対策が取れます。

関連情報

オンラインセミナー

テレワークの成功要因や、さらにその先、デジタルトランスフォーメーションを加速させるポイントを解説するウェビナーやオンデマンドセミナーへご参加ください。

Teams 導入支援サービス

テレワークの普及に伴い利用が進む Microsoft Teams。導入前から 導入時、運用や活用と 全てのフェーズに対応したサービスを用意しています。

自社事例

自社クラウド製品で組織のデジタル トランスフォーメーションを推進するディスカバリーズの働き方が、マイクロソフトの事例として紹介されています。

お問合せ

ディスカバリーズはテレワークの導入から運用まで支えるサービスをワンストップで提供します。