生産性を上げるテレワーク向けソリューション

2020年11月24日News

アフターコロナ、ウィズコロナとして否応なしに進んだテレワークは、事業継続性の観点でも、また多様な働き方としても市民権を得て、98%の企業*1が継続する意向を示しています。一方で、生産性が22ポイントも下がったり*2、企業が従業員を管理しにくいという課題が顕在化しています。
お互いの様子が分からない中コミュニケーションやコラボレーションでつまずくことで、成果を出すまでに時間がかかり生産性が落ちている実態が浮かび上がっています。

3つのアプローチをとることで、テレワークの課題を解決して生産性を上げることができます。

詳しくはこちら https://discoveries.co.jp/solutions/telework/

 

*1 日本経済新聞 「テレワークで生産性向上 2割 従業員管理難しく 社長100人アンケート」 2020年9月28日
*2 公益財団法人 NIRA 総合研究開発機構 「新型コロナウイルスの感染拡大がテレワークを活用した働き方、 生活・意識などに及ぼす影響に関するアンケート調査結果 (速報) 」 2020年4月