日報ボットで現場の声をビジネスに生かす

あなたの部下は、日報を義務だからと形式的に書いていませんか?
ビジネスの成長を左右する現場の声が詰まった情報になるからこそ、まずは従業員が負担に感じることなく簡単作成・提出できる仕組みが大切です。
そして日報を有効活用するために、ポイントを引き出す情報収集と、蓄積した情報の可視化の仕組みを検討しましょう。ディスカバリーズの日報ボットは、チャット感覚のためストレスゼロで続けることができ、可視化と分析ノウハウで御社の課題と次のアクションを導き出します。

解決する課題

Problems to be Solved

日報の提出を定着させるためにも、部下には手間や時間をかけさせたくない

日報を有効活用するためにも、ポイントを絞った情報収集がしたい

蓄積した情報を可視化して、取るべきアクションを明確にしたい

ソリューション

Solution

日報を有効に活用するために、従業員がストレスなく作成・提出できる仕組みと、日報の内容をビジネスに生かす仕組みが考えられているのがディスカバリーズの提供する「日報ボット」です。
チャットボットは「対話(chat)」する「ロボット(bot)」という2つの言葉を組み合わせたもので、コミュニケーションツールとして今注目を浴びているテクノロジーであり、「日報ボット」はこの技術を採用しています。

日報をチャットで簡単に提出

「日報ボット」はMicrosoft Teamsなどのチャットツール上で進行するソリューションです。日報がチャットで済むという手軽さが特徴です。PCのみならずスマホやタブレットでも入力しやすく、外出中の移動時間でも手軽に提出できます。

 

ビジネスや業務に役立つ情報を収集

日報ボットの問いかけに応えるだけで、資産価値のある社内情報は何なのか、社内の相談役になっているのが誰なのか等の情報が蓄積されていきます。日報ボットは、組織の戦略に基づいて設定していくことができます。

チャットフローと質問の設計

有益な情報を収集するためには、日報ボットでどんな情報を収集すべきか事前に検討できていることが重要です。その後、必要な情報が収集しやすい会話の流れやトークスクリプトを設計して、日報ボットに実装していきます。

次のアクションを導き出す可視化と分析ノウハウ

ディスカバリーズにはデータの可視化と分析のノウハウがあります。100万件以上の会話データを元にビジネスの現場で飛び交うキーワードを視覚化したり、何が重要なトピックとなっているのかを見極めます。

頻出キーワードから現場のニーズを知る

現場からの意見を収集する

カテゴリ分類から重要なトピックを見極める


ただの業務報告としてしか日報を活用しないというのは、会社や組織にとっては宝の持ち腐れとなってしまいます。
日報の有効活用を進めるためにも「日報ボット」を検討してみてください。

ディスカバリーズはイキイキ「働く」ための仕組みと仕掛けを提案します