インテリレポート

SharePoint の効果を最大化するためには、その利用傾向を知る必要があります。インテリレポートはアクセスログを分析+レポートするクラウドサービス。 Office 365 の標準機能では提供されない詳細ログデータも分析して、Office 365、SharePoint Server の導入効果を立証し、PDCAに沿った継続的な改善で利用を活性化します。さらにOffice 365 の監査ログに連携でき、ログデータを必要な期間まで保存・分析するツールとしても利用できます。

Office365 監査ログを長期保存

➡ SharePointやOneDrive for Business の監査ログに対応

➡ いつ、だれが、どこから、何を閲覧したかがわかる

➡ 情報活用やコミュニケーションの量から働き方がわかる

➡ SharePointのログ分析で豊富な実績

➡ 月額サービスだから気軽に始められる

インテリレポートの特徴

ir_01

直観的なレポート

Web分析の専門知識は不要です
誰にでも分かりやすいグラフで伝えます

ir_02

スマホでもチェック

外出先やPCのない会議中でも、
スマホから簡単にレポートを確認できます

ir_03

社員単位まで

アクセスログは社員一人
ひとりまで確認できます

ir_04

簡単に使える

ログ収集モジュールはマニュアルに
従って簡単に設置できます

ir07

お試しができる

最初の30日間は無料で利用できるので、
気軽に始められます

コンサルタント

専門のコンサルタントによる分析サービスで、
ポータルの活用の課題を早期に解決できます。

トレンド分析

ir_screen01

  • Page View
  • Unique User
  • デイリー28日、6か月

 

 

社内の利用トレンドから、情報を受け取りやすいタイミングや業務利用のピークなどを把握できます。情報発信部門にとって閲覧を効果的に誘導する対策を立てることができます。
ユーザー属性分析

ir_screen02

  • ユーザー別アクセス
  • リピーター率
  • アクティブユーザー

 
 
 

サイトの活用度を社員単位・組織単位で特定することができるため、活用度に応じたコンテンツ企画や、利用向上の促進など、効果の期待できる改善施策を計画できます。
コンテンツ分析

ir_screen01

  • コンテンツ別アクセス
  • 上位コンテンツ

 

 
 

多くの社員が閲覧するコンテンツ、特定社員のアクセス傾向を把握できるため、必読情報などへの導線設計やコンテンツ戦略に生かすことができます
ブラウザ/デバイス

ir_screen02

  • ブラウザ別
  • デバイス別

 

 
 

オフィスのPCからアクセスしたのか、移動時にスマートデバイスからアクセスしたのか、どのブラウザを使用したのか、サイトの利用の仕方やその変化を把握して最適化に役立てます
検索ランキング

ir_screen01

  • ランキング
  • デイリー

 
 

 

検索されたキーワードをレポートします。社内でのキーワードトレンドから求められている情報が把握でき、さらには市場や顧客のニーズを知るヒントとなりえます。
エクスポート

ir_screen02

  • 期間設定
  • エクスポート履歴
  • 通知設定

 

 

アクセス ログ データは CSV 形式で出力できるため、他のデータと連携させた多面的な分析も可能です。例えば組織情報とクロス分析すると、役職や部署単位での閲覧率も把握できます。
Office 365 監査ログ連携

ir_screen01

  • ファイル閲覧数ランキング

 
 

 

Office 365 / OneDrive for Business の監査ログに連携し、ログデータを必要な期間まで保存して分析するツールとして利用できます。
管理ユーザー追加機能

ir_screen06

  • 全体管理者一覧・登録
  • インテリレポート管理者一覧・登録

 

データ保存区分ごとに閲覧対象のサイトコレクションを分離することが可能です。

インテリレポートの料金プラン

Trial
体験版
無料
30日間

データ保存区分(※):最大1

Economy
エコノミー
10,000円
月々 テナント/ファーム

対象ユーザー数:100名まで

データ保存区分(※) :最大1

Professional
プロフェッショナル
150,000円
月々 テナント/ファーム

対象数: 1,001~5000名まで

データ保存区分(※):最大5

SharePoint アクセスログ

Office365 監査ログ

Enterprise
エンタープライズ
お見積り
月々 テナント/ファーム

対象ユーザー数:5,001名以上

データ保存区分(※):1000名ごと最大1

SharePoint アクセスログ

Office365 監査ログ

コンサルティングサービス

オプション製品

データ保護区分追加オプション
・10,000 円 /サイトコレクション
・区分は、サイトコレクション単位でのログ閲覧範囲限定機能の単位

取得データ種類追加オプション
・50 円/ユーザー

利用要件

ログ取得対象
・オンライン版:SharePoint Onlineの利用要件に準拠(※SharePoint Onlineのモダンページ・モダンリスト・モダンライブラリには未対応)
・オンプレミス版:SharePoint Server 2013またはShare Point Server 2016

管理者向けレポート閲覧サイト
・Internet Explorer 11.0
・Windows版Microsoft Edge
・Windows版Mozilla Firefox
・Windows版Google Chrome
※各最新バージョン

※ データ保存区分について

  • データ保存区分を定義することで、アクセスログデータを閲覧ユーザーと切り分けた適切な区分に保存することができます。例えば、親会社と子会社でログ収集元とデータ閲覧者が異なる場合は、必要に応じて親会社の管理部門が管轄するデータ保存区分にアクセスログデータを保存することができます。
  • データ保存区分は追加することができます。月々10,000円で、5つまでデータ保存区分を追加できます。
  • データ保存区分は、サイトコレクション単位でのログ閲覧範囲限定機能の単位となります。

取得するログデータについて

取得するログデータは、以下2つより選択していただきます。

  1. SharePoint アクセスログ / Office 365 と OneDrive for Business の監査ログ
  2. SharePoint Server IIS ログ

尚、1と2両方の取得を希望される場合はオプション価格(各ユーザー x 月50円)でご提供します。

その他の留意点

  • トライアル時のデータ保存期間は1か月となります。
  • 最低契約期間は12ヶ月間です。12ヶ月未満のご契約は出来ません。年間一括契約も承りますので、お問い合わせください。
  • ユーザー数はSharePoint 利用ユーザー数です。 外部ユーザーを招待して利用する場合は利用人数としてカウントされます。
  • 分析コンサルティングサービスは、スペシャリストによる詳細な分析サービスです。オプションサービスとして有償にて提供してます。

 

 

インテリレポートに関するよくある質問

InSite 関連ドキュメント