ディスカバリーズ

インテリレポート

Office 365 の効果を最大化するためには、その利用傾向を知る必要があります。インテリレポートはアクセスログを分析+レポートするクラウドサービス。 Office 365 の標準機能では提供されない詳細ログデータも分析して、Office 365 の導入効果を立証し、PDCAに沿った継続的な改善でOffice 365の利用を活性化します。さらにOffice 365 の監査ログに連携でき、ログデータを必要な期間まで保存・分析するツールとしても利用できます

IR

SharePoint を分析して改善

いつ、だれが、どこから、何を閲覧したかがわかる

SharePointのログ分析で豊富な実績

月額サービスだから気軽に始められる

資料ダウンロードセキュリティー対策シナリオ情報システム部門向け活用ガイド

 

インテリレポートの特徴

ir_01

直観的なレポート

Web分析の専門知識は不要です
誰にでも分かりやすいグラフで伝えます

ir_02

スマホでもチェック

外出先やPCのない会議中でも、
スマホから簡単にレポートを確認できます

ir_03

社員単位まで

アクセスログは社員一人
ひとりまで確認できます

ir_04

簡単に使える

ログ収集モジュールはマニュアルに
従って簡単に設置できます

ir07

お試しができる

最初の30日間は無料で利用できるので、
気軽に始められます

コンサルタント

専門のコンサルタントによる分析サービスで、
ポータルの活用の課題を早期に解決できます

 

トレンド分析

ir_screen01

  • Page View
  • Unique User
  • デイリー28日、6か月

 

社内の利用トレンドから、情報を受け取りやすいタイミングや業務利用のピークなどを把握できます。情報発信部門にとって閲覧を効果的に誘導する対策を立てることができます。
ユーザー属性分析

ir_screen02

  • ユーザー別アクセス
  • リピーター率
  • アクティブユーザー

 

サイトの活用度を社員単位・組織単位で特定することができるため、活用度に応じたコンテンツ企画や、利用向上の促進など、 効果の期待できる改善施策を計画できます。

 

コンテンツ分析

ir_screen01

  • コンテンツ別アクセス
  • 上位コンテンツ

 

多くの社員が閲覧するコンテンツ、特定社員のアクセス傾向を把握できるため、必読情報などへの導線設計やコンテンツ戦略に生かすことができます
ブラウザ/デバイス

ir_screen02

  • ブラウザ別
  • デバイス別

 

オフィスのPCからアクセスしたのか、移動時にスマートデバイスからアクセスしたのか、どのブラウザを使用したのか、サイトの利用の仕方やその変化を把握して最適化に役立てます
検索ランキング

ir_screen01

  • ランキング
  • デイリー

 

検索されたキーワードをレポートします。社内でのキーワードトレンドから求められている情報が把握でき、さらには市場や顧客のニーズを知るヒントとなりえます。
エクスポート

ir_screen02

  • 期間設定
  • エクスポート履歴
  • 通知設定

 

アクセス ログ データは CSV 形式で出力できるため、他のデータと連携させた多面的な分析も可能です。例えば組織情報とクロス分析すると、役職や部署単位での閲覧率も把握できます。
Office 365 監査ログ連携

ir_screen01

  • ファイル閲覧数ランキング

 

Office 365 の監査ログに連携し、ログデータを必要な期間まで保存して分析するツールとして利用できます。

docicon1Office 365 標準とインテリレポートの機能比較

docicon1

インテリレポートが取得する Office 365 監査ログ

docicon1インテリレポートのエクスポート機能詳細と出力サンプルデータ

インテリレポートの料金プラン

30日間 体験版
無料
1000名未満
データ保存区分(※) × 最大1
 
Standard
月々 10万円/テナント
1000名未満
データ保存区分 × 最大1
 
Professional
月々 15万円/テナント
5000名未満
データ保存区分 × 最大5
 
Enterprise
別途見積り
5000名以上
データ保存区分 1000名ごと最大1
コンサルティングサービス 1回/3ヶ月

製品サポートでは、InSite 製品の不具合と、InSite 製品全般のお問い合わせにお応えします。
・ 運用後の課題に対応し、さらなる活用をご支援するアフターサービスをご用意しています。InSite 製品のみならずMicrosoft SharePoint 全般のお問い合わせにお応えします。

docicon1 Discoveries InSite 利用規約

・ ユーザー数はSharePoint を利用するユーザー数です。 外部ユーザーを招待して利用する場合は利用人数としてカウントされます。
・ 分析コンサルティングサービスは、スペシャリストによる詳細な分析サービスです。オプションサービスとして有償にて提供してます。
・ 最低契約期間は12ヶ月間です。12ヶ月未満のご契約は出来ません。
・ 年間一括契約も承りますので、お問い合わせください。
 
※1 データ保存区分について
・データ保存区分を定義することで、アクセスログデータを閲覧ユーザーと切り分けた適切な区分に保存することができます。例えば、親会社と子会社でログ収集元とデータ閲覧者が異なる場合は、必要に応じて親会社の管理部門が管轄するデータ保存区分にアクセスログデータを保存することができます。
・インテリレポートは「アクセスログデータ」と「監査ログデータ」を収集、保存することができます。2017年3月現在において、「監査ログデータ」についてはデータ保存区分を指定することができません。今後のバージョンアップで同様に保存区分が設定できるよう対応する予定です。
・データ保存区分は追加することができます。月々10,000円で、5つまでデータ保存区分を追加することができます。
・トライアル時のデータ保存期間は1か月となります。

 

インテリレポートに関するよくある質問

ユーザログイン/ログオフのログは取得できますか? 誰がいつログログインしたのか、情報の取得に成功したかどうかが分かりますか?

現時点では取得できませんが、ユーザー単位のセッションを取得できるよう検討しております。(2015年3月時点) 実現されれば「誰がいつログインしたのか。情報の取得に成功したどうかが解析できます。またこの情報はブラウザのセッション単位で分かるようになる予定です。情報の取得に失敗した場合の結果および理由までは取得できません。

ドキュメントの変更や削除、アップロードやダウンロードのログが取得できますか?

ドキュメントの変更や削除、アップロードやダウンロードのログは取得できません。 アップロードやダウンロードなどの操作に関する情報は、監査ログとの連携により取得可能です。監査ログの利用設定には、グローバル管理者権限が必要です。

ユーザー単位で時系列に、どのファイルを閲覧、操作したログを取得できますか?

ユーザー単位で時系列に、どのファイルを閲覧したかというログを取得することができます。操作に関する情報は、監査ログとの連携により取得可能です。監査ログの利用設定には、グローバル管理者権限が必要です。

レポートはどのタイミングで更新されますか?

日次で更新されます。

インテリレポートを導入するとSharePointのパフォーマンスに影響がありますか?

ログはSharePoint外のストレージに記録され蓄積されます。そのためSharePointのパフォーマンスには影響がありません。


詳しくはこちら

 

 

 

お客様の声

ディスカバリーズを選ぶ理由

ディスカバリーズが支援した企業の従業員数は延べ 83万人におよびます


  
      株式会社LIXIL          長野県厚生農業協同組合連合会      アサヒホールディングス株式会社      株式会社TMJ     
東京工科大学          株式会社アデランス        東急建設株式会社     日本コンベンションサービス株式会社
   株式会社読売旅行           豊島区役所            クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社      株式会社ミルボン             

資料請求やお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
メニュー