2019年4月から順次施行される働き方改革推進のための関連法によって、企業には労働時間を把握することが義務付けられます。
各組織のIT管理者の皆様が、法律の施行に向けて今から準備すべき可視化のアプローチはどのようなものなのか、
さらにその先にある働き方改革の成功のために、Office 365 利用のビックデータを有効活用していく方法をデモンストレーション中心にご紹介します。

 ・改革法の施行に対応するため、システム面でどのような対応が必要になるか知りたい
 ・可視化のために現場に負担はかけたくない。自動化したい
 ・組織全体では勿論、従業員、チーム単位でも労働時間を計測したい
 ・長時間労働している部署を特定して改善策をたてたい

こんな課題をお持ちの方に最適なウェビナーです。
皆様のご参加をお待ちしております。

■ 参加費: 無料

■ 事前準備
Webブラウザにアクセスできる環境さえあれば、どこからでも簡単に受講いただけます。
推奨ブラウザー:Internet Explorer 11、Chrome、Firefox、OSX Safari、iOS 8 以降、Android (KitKat)

■ ディスカバリーズとのコミュニケーション
お申込み以降は、events@discoveries.co.jpより本セミナーに関するメールをお送りさせていただく事がありますので、@discoveries.co.jpからのメールが受信できるようご設定ください。

[ 個人情報の取り扱いについて ]
本セミナーはマイクロソフトのパートナーであるディスカバリーズ株式会社が実施いたします。 ご登録いただいたお客様の会社名、氏名、アンケートご回答の内容はマイクロソフト株式会社に提供いたします。

[ お問い合わせ ]
ディスカバリーズ株式会社
03-4360-9177

[ お問い合わせフォーム ] http://discoveries.co.jp/contact
※お問い合わせの際は、セミナー タイトルと開催日をお知らせください。


導入を決定、承認する立場導入に関与、検討する立場導入を要望、起案する立場主務ではないが関与する立場関与しないパートナーとして顧客企業組織に対して IT (情報技術) を提案する




1~9名10名~99名100名~499名500名以上